廃棄物の排出量の削減
燃料消費量の削減
水質基準の遵守
(廃水処理装置)
大気汚染の防止
(ボイラ、スクラバー)
電気消費量の削減
分別収集の徹底、個別品目のリサイクル、
また、再資源化の取り組みにより、廃棄物量は
13年度にはリサイクル率99%を超えました。
分別収集の実施
蒸気熱の有効利用、機器への断熱、操業の工夫
温水ボイラの廃止等により、省エネルギに
努めています。
LPガスボイラーへの切り替え
幣社で排出される工業用水は、社内の適正な処理を経て、
公共下水道に連結、放流されています。
また、毎日の成分測定、月1回の外部測定により、法的基準値
を監視、遵守しております。
2009年度にアルカリ排水を自社処理するため
廃水処理設備を導入しました。これにより排水関連の
ほぼすべての自社処理を可能にしました。
大気汚染を防止するため、ボイラ関係の煤煙、NOX,SOX
並びに化学物質の排出測定を定期的に実施し汚染の拡散防止
に努めています。
各蛍光灯へのプルスイッチ取り付けによる
消灯強化、各機械への断熱の取り組み、
室外機、コンプレッサーのエアー漏れ点検
インバーター設置等により電気使用量を
削減しました。また、コンプレッサー及び
パッケージエアコンを新型に更新し、更なる
削減を実現しました。
インバーター
機械の断熱
廃水処理設備
スクラバー
取り組みの実績 1
アルカリ排水処理設備